女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド もう悩まない尿漏れ・尿失禁の最新治療

ふとした瞬間に。トイレまで間に合わなくて・・・そんな悩みを持つ女性がいま増えています。トイレのトラブルを解決する方法をこのサイトで見つけてください。

怖くない恥ずかしくない 女性の尿漏れトラブルを治療できるクリニック一覧

過活動膀胱による尿漏れ

ここでは過活動膀胱とはどんな病気か、症状や原因、治療法などを詳しく説明しています。

過活動膀胱とはどんな病気?

過活動膀胱とは、急激に我慢できないくらいの尿意を感じたり、昼夜問わず、頻繁におしっこに行きたくなったりする病気です。

日本では800万人以上が発症しており、70代以上では約3割以上の方に症状がみられると言われています。

以下のようなトラブルが併発しやすいので、精神的にも負担のかかる病気です。

【過活動膀胱によるトラブル】

  • 尿のトラブルが気になり、外出や人と会うことへの不安を感じる
  • 夜間の頻尿により熟睡できず、寝不足
  • 職場や学校で頻繁にトイレに行くことにより、周りの目が気になる
  • 外出中に、トイレまで我慢できず漏らしてしまう

これら以外にも、様々なトラブルがあり、患者のストレスになってしまいます。また特に若い方は、診察してもらうのが恥ずかしく、病院に行かない人も多いようです。

きちんと治療すれば治る病気なので、恥ずかしくても、一度専門の病院で診察してもらうようにしましょう。

過活動膀胱の原因

過活動膀胱の原因は、「神経因性」と「非神経因性」に分かれます。

【神経因性】

脳から膀胱への指示がうまくいかず、症状を引き起こします。

要因:脳梗塞やパーキンソン病、脊髄損傷などの神経性障害により、脳と膀胱の神経回路が壊れ、尿をコントロールすることができなくなる。

【非神経因性】

上記のような神経の異常によるものではなく、身体の物理的な異常により症状を引き起こします。

要因:非神経因性の場合、男性と女性によって要因が異なります。

  • 男性…前立腺肥大症による膀胱への負担
  • 女性…出産や加齢などによる、骨盤底筋のトラブル

これら以外にも、加齢や原因が特定できないものも多いです。

過活動膀胱の治療法

過活動膀胱の治療は、行動療法と薬物療法があります。

行動療法とは「膀胱訓練」と言って、低下した膀胱の機能を訓練し、通常の尿意に基づいた排尿ができるようにするものです。

行動療法「膀胱訓練」の方法

まず尿意を感じたら5分程度でもよいので、トイレに行くのを我慢します。

できるようになったら、我慢する時間をだんだん長くしていきましょう。2~3時間くらい我慢できるようになれば、機能が回復したといえます。

無理をすると、膀胱炎など別のトラブルが発生してしまうこともあるので、医師と相談しながら行っていきましょう。

薬物療法

医師に膀胱の収縮をおさえる薬を処方してもらいます。尿の悩みが消えれば心の負担も軽減されるので、ぜひ病院で相談してみましょう。

 
【このサイトについて】
「女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド」は、個人が調査・運営しています。
治療・クリニックの最新情報・詳細情報は必ず公式サイトをご確認ください。
また、症状が重い場合は自己判断をせず、必ず医療機関を受診しましょう。