女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド もう悩まない尿漏れ・尿失禁の最新治療

ふとした瞬間に。トイレまで間に合わなくて・・・そんな悩みを持つ女性がいま増えています。トイレのトラブルを解決する方法をこのサイトで見つけてください。

怖くない恥ずかしくない 女性の尿漏れトラブルを治療できるクリニック一覧

女性だけじゃない!男性の尿漏れ

女性に多いという印象のある尿漏れ。実際には、男性も多くの方が悩まされています。ここでは、男性の尿漏れがなぜ起こるのか、その原因と症状をまとめました。

実は多い?男性の尿漏れ

尿漏れの原因としてよくあげられるのが、出産に伴う骨盤底筋の衰えです。そのため、多くの女性にとっては尿漏れを若いうちにも経験しますし、割り合いと身近な症状であるといえます。

それに比べ、男性にとって尿漏れは、全く思いがけもしないもの。まさか自分が、という抵抗感もあり、医療機関への受診が低いといわれています。こういった背景から、尿漏れは女性に多いと印象づけられているようです。

しかし当然ながら、男性にも尿漏れは起こります。原因は、前立腺肥大や前立腺がん、アルツハイマー病などの神経異常、糖尿病、服薬による間接的な要因から心因性のものなど、実にさまざま。

特に、前立腺トラブルは男性特有のものですから、むしろ男性も尿漏れを起こす可能性が高いといっても過言ではありません。

女性特有のものではなく、誰しもが経験しうる症状であるということを今一度再認識し、自分にも発症する可能性があることを知っておく必要があります。

排尿前と排尿後の尿漏れ

男性の尿漏れには以下のような症状があります。普段の生活で思い当たるものもあると思うので、自分がどういった尿漏れに該当するか確認しましょう。

【溢流性(いつりゅうせい)】

排尿前に漏れてしまう場合の多くは、溢流性と考えられます。前立腺が肥大して膀胱を圧迫、尿をコントロールできない状態で、具体的には以下のような症状が見られます。

    • トイレには間に合うが少し漏れてしまう
    • だらだらと尿が止まらない
    • トイレの回数は多いのに残尿感がある
    • 出にくさを感じる

重度でなければ、投薬のみで治療できます。

【滴下(てきか)】

排尿後に漏れてしまう症状を滴下といいます。こちらは特にどこかが悪いというわけではなく、尿道に残った尿を絞り出し切れずに、残ったものが後から出てしまうという現象です。

    • 排尿後、少量の尿が漏れて下着やズボンを汚してしまう
    • トイレから出て、歩いているうちに少量の尿が漏れてしまう

日頃から排尿後に尿道を下から絞り出すようにしておけば防げますし、女性と同じく骨盤底筋を鍛えることでも改善します。

いずれの場合も、尿漏れや頻尿、残尿感といった症状には、他の大きな病気が隠されている可能性があります。泌尿器科で一度、医師の診断を受けることが望ましいでしょう。

即手術ではなく、投薬で治療できる場合も多いので、早めの受診が大切です。

 
【このサイトについて】
「女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド」は、個人が調査・運営しています。
治療・クリニックの最新情報・詳細情報は必ず公式サイトをご確認ください。
また、症状が重い場合は自己判断をせず、必ず医療機関を受診しましょう。