女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド もう悩まない尿漏れ・尿失禁の最新治療

ふとした瞬間に。トイレまで間に合わなくて・・・そんな悩みを持つ女性がいま増えています。トイレのトラブルを解決する方法をこのサイトで見つけてください。

怖くない恥ずかしくない 女性の尿漏れトラブルを治療できるクリニック一覧

尿漏れの原因と対策

誰しもが起こりうる尿漏れ。その原因と対策とは?尿漏れの基本的な知識を説明します。

尿漏れとはどんな症状のこと?

尿漏れとは一般的に、自分の意志と関係なく、尿をコントロールできていない状態のことを指します。性別や年齢に関わらず「尿意をもよおした時にはすでにトイレに間に合わない…」ということを一度でも経験したことがあれば、尿漏れを患っている疑いがあります。

日常生活において多く見られるのは、咳やくしゃみ、重いものを持ち上げた時や階段を下りる際など、力を入れるタイミングで尿が漏れてしまうケース。また女性においては出産後、尿漏れになることも少なくありません。

なぜ尿漏れが起きてしまうの?

尿漏れとなる原因の多くは、以下のタイプに分けることができます。

  • 腹圧性
    日常生活レベルのことでも、腹部に力が入っただけで尿が漏れてしまうタイプ
  • 神経因性
    髄膜炎やその後遺症などによる、神経障害が原因で尿が漏れてしまうタイプ
  • 非神経因性
    膀胱の機能自体に問題があり尿が漏れてしまうタイプ
  • 溢流性
    前立腺肥大や膀胱の機能低下によって尿を出すことが出来ずに溢れ漏れてしまうタイプ

これら以外にも、心因性のものや服用している薬が原因となる場合などもあります。

原因に合わせた対処法を

原因が違えば、対処法も変わってくる尿漏れ。自分がどういったタイプであるか知った上で、それぞれに合った対処法を考えていく必要があります。

  • 腹圧性
    出産や加齢などによって骨盤底筋が弱まることで起きやすくなります。
    重度の場合は手術を要しますが、骨盤底筋を鍛える体操と服薬で改善する例も多く見られます。
  • 神経因性・非神経因性
    医師の診察を受けて、服薬や手術が必要になります。
    また他の病気が隠れている場合もあるので、早期に適切な診断を受けることが大切になってきます。
  • 溢流性
    前立腺にトラブルを抱えやすい、高齢男性に多い症状ではありますが、糖尿病などの影響で女性にも見られることがあります。
    尿漏れの他にも、残尿感や尿量の減少、だらだらと止まらないといった症状が見られますが、年齢のせいにして放置しがち。
    重病化するケースも少なくないので、症状が軽いうちに一度泌尿器科に相談するべきでしょう。
  • 心因性
    外出時におけるトイレ位置の確認や、水分摂取量の適切な調整など、尿排泄に対してのストレス軽減によって改善することがほとんどです。
    無理は禁物ですが、次のトイレまで我慢する、といった膀胱への命令訓練も効果的とされています。

いずれも、自己判断による対処法は、別の病気を見逃してしまったり、悪化するケースも

いち早く原因と対処法を明確にするためにも、自分でトイレのタイミングをコントロールできないと感じた場合には、医師の診断を受けるようにしましょう。

 
【このサイトについて】
「女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド」は、個人が調査・運営しています。
治療・クリニックの最新情報・詳細情報は必ず公式サイトをご確認ください。
また、症状が重い場合は自己判断をせず、必ず医療機関を受診しましょう。