女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド もう悩まない尿漏れ・尿失禁の最新治療

ふとした瞬間に。トイレまで間に合わなくて・・・そんな悩みを持つ女性がいま増えています。トイレのトラブルを解決する方法をこのサイトで見つけてください。

怖くない恥ずかしくない 女性の尿漏れトラブルを治療できるクリニック一覧

尿失禁が女性に多い原因

ここでは、なぜ女性に尿失禁が多いのかを説明しています。

多くの女性が悩む「尿失禁」とは

尿失禁とは、尿を排泄しようという意志がないのに、勝手に尿が漏れてしまう病気です。

加齢とともに、尿失禁になる可能性は高まります。特に40~50代の女性は尿失禁になりやすいです。

この病気にかかると、いつ尿が漏れるか分からないので、外出に不安を抱え引きこもってしまう人が多く、また病院に行くのが恥ずかしくて、治療せず我慢したままの人も多いようです。

尿失禁には「腹圧性」「切迫性」「溢流性」「機能性」そして、いずれかとの「混合性」がありますが、女性に多いのは、骨盤底筋の筋力の低下により、ちょっとお腹に力が入るだけで尿漏れしてしまう「腹圧性」です。

尿失禁が女性に多い理由

尿失禁は4割以上の女性が経験すると言われています。特に尿失禁が発症しやすい、出産経験のある30~40代の女性については、半数以上が尿失禁の経験があるという報告も。

ではなぜ男性に比べて、女性は尿失禁を経験する人が多いのでしょうか。

その理由は、出産や妊娠の影響で尿失禁が起こることが多いからです。以下に、妊娠や出産で尿漏れになる原因をまとめました。

「骨盤底筋」のゆるみ

膣や尿道を引き締める「骨盤底筋」が、出産により緩み傷ついてしまい尿失禁を引き起こします。

出産時には、赤ちゃんが産道を通りやすいように、骨盤底筋が緩んでいきます。

ゆっくり骨盤底筋が緩めば問題はありませんが、赤ちゃんが大きすぎたり、吸引や鉗子分娩(かんしぶんべん)によって、産道が開くより先に出産をすると、骨盤底筋が傷ついたり、伸びきってしまうことがあります。これにより尿失禁を起こしやすくなります。

基本的には、産後1年くらいで自然に元通りになります。産後、1年経っても尿失禁が改善しない場合には、骨盤底筋を鍛える「骨盤底筋トレーニング」を行うのがおすすめ。

骨盤底筋の緩みを放置しておくと、年齢を重ねるごとに症状が悪化するケースもあるので注意しましょう。

妊娠による尿失禁

妊娠中、子宮が膀胱を圧迫することで、尿失禁を起こしやすくなります。

特に、お腹の赤ちゃんが大きくなる中期から後期にかけて、尿失禁を経験する人が多いようです。出産後ほとんどの人が解消します。

以上のように、出産や妊娠によって尿漏れになるケースは多いです。

これから妊娠・出産を経験する女性は、事前に骨盤底筋トレーニングをして、骨盤底筋を鍛えておくと良いでしょう。

 
【このサイトについて】
「女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド」は、個人が調査・運営しています。
治療・クリニックの最新情報・詳細情報は必ず公式サイトをご確認ください。
また、症状が重い場合は自己判断をせず、必ず医療機関を受診しましょう。