女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド もう悩まない尿漏れ・尿失禁の最新治療

ふとした瞬間に。トイレまで間に合わなくて・・・そんな悩みを持つ女性がいま増えています。トイレのトラブルを解決する方法をこのサイトで見つけてください。

怖くない恥ずかしくない 女性の尿漏れトラブルを治療できるクリニック一覧

切迫性尿失禁の原因

突然の尿意を我慢することができず、漏らしてしまう切迫性尿失禁。その原因について迫っていきます。

切迫性尿失禁は何が原因?

お腹に力を加えたときに尿漏れを起こしてしまう腹圧性尿失禁に対して、急に尿意が現われて我慢できずに漏れてしまうのが「切迫性尿失禁」の特徴です。

切迫性尿失禁の原因には、次のようなタイプが考えられます。

(1)脳や脊髄に障害がある場合(神経トラブルが原因)

下記のような病気により、脳と膀胱(尿道)の筋肉を結んでいる神経に障害が起きることが原因になっているタイプです。

  • 脳血管の障害(脳卒中、脳梗塞、脳血栓)
  • 脊髄の障害(脊髄損傷、頚椎症、変形性腰椎症)
  • 神経変性疾患(多発性硬化症、パーキンソン病)

通常は尿意を感じても、脳が膀胱にストップをかけているため、トイレに行くまで我慢することができます。しかし、神経回路に障害があると尿意を制御できず、意思とは関係なく尿が漏れてしまいます。

(2)その他の要因によるもの(神経トラブルとは関係がないもの)

女性の場合は、骨盤底筋のトラブルや女性ホルモンの不足などで膀胱が不安定になり、尿がたくさん溜まっていなくても漏れてしまうことも……。原因がハッキリしないのに、膀胱が勝手に収縮してしまうことが要因となるタイプです。

男性の場合は、前立腺肥大症で膀胱への負担が続くことも原因になります。

切迫性尿失禁の検査・診断方法

切迫性尿失禁を診断するためには、問診と診察を行います。主に、次のような4項目について調べていきます。

  • 数日間の排尿日誌をつけて尿失禁の程度を調べる
  • 検尿で成分や感染症を調べる
  • 決められた動作や運動によって漏れる尿の重量をパッドで計測する
  • エコーで残尿量を測定する

上記のように、身体に負担のない検査で診断がつく場合がほとんどになりますが、必要に応じて次のような検査を行うこともあります。

  • 膀胱に造影剤を注入して、膀胱の状態を確認する
  • 膀胱や尿道の中を内視鏡で調べる
  • 膀胱に生理食塩水を注入して、尿の溜まり方や排尿時の運動機能を調べる

また、神経トラブルが原因になっている可能性があるときは、症状を特定するために脳や脊髄の検査を行うこともあるようです。

 
【このサイトについて】
「女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド」は、個人が調査・運営しています。
治療・クリニックの最新情報・詳細情報は必ず公式サイトをご確認ください。
また、症状が重い場合は自己判断をせず、必ず医療機関を受診しましょう。