女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド もう悩まない尿漏れ・尿失禁の最新治療

ふとした瞬間に。トイレまで間に合わなくて・・・そんな悩みを持つ女性がいま増えています。トイレのトラブルを解決する方法をこのサイトで見つけてください。

怖くない恥ずかしくない 女性の尿漏れトラブルを治療できるクリニック一覧

妊娠中の尿漏れ

妊娠中は、誰でも尿漏れのしやすい状態になります。ここでは、妊娠中の尿漏れの症状や対策について紹介します。

妊娠中は尿漏れしやすい?

妊娠中は、子宮が膀胱を圧迫するので尿漏れしやすいです。出産を経験した女性のうち、妊娠中に尿漏れがあった人は約7割と、多くの女性が尿漏れの経験をしています。

妊娠中に尿漏れしやすい時期

尿漏れに一番なりやすい時期は、妊娠中期の6ヶ月頃から臨月(10ヶ月目)あたり

この時期はお腹の赤ちゃんがどんどん大きくなり、子宮が重くなるので、子宮の下にある膀胱に圧力がかかります。すると、膀胱は尿道を塞ぎきれなくなって尿が漏れてしまうのです。

しかし、これは一時的な症状なので、出産後は大抵もとに戻ります。

子宮の圧迫以外にも、妊婦さん自身の肥満や、カンジタ膣炎などの感染症が原因で尿漏れになることも。

この場合には、早産を引き起こす可能性もあるので、妊婦健診などで検査してもらいましょう。

産後の尿漏れ

膀胱を圧迫することが原因の尿漏れは、出産後に落ち着きます。

しかし、出産後は骨盤底筋(骨盤の底にある、膀胱や子宮を支え、膣や尿道を締める筋肉)のバランスが崩れてしまうと、産後も尿漏れが続いたり、また妊娠中には尿漏れがなかった人でも、産後から尿漏れが始まったりすることもあります。

妊娠中の尿漏れの対策方法

対策方法を2つ紹介します。

尿漏れ専用のパッドを付ける

生理用ナプキンのような、尿漏れ専用のパッドがあります。これを付けていれば、外出中尿漏れしても安心です。

デリケートゾーンなので、お肌に優しいものを選びましょう。

骨盤底筋トレーニング

膣や尿道を締める筋力をつける「骨盤底筋トレーニング」も有効です。産婦人科によっては、妊婦体操の中に取り入れている所もあります。

個人的にトレーニングしたい場合は、無暗に鍛えようとすると赤ちゃんに負担がかかってしまうこともあるで、必ず医師に相談してから取り入れるようにしましょう。

他にもトイレにいく回数を増やす、水分量を調節するなどの対策があります。

尿漏れはとっても不快な症状ですが、「妊娠中はよくあることだ!」と割り切って、ストレスをためないように対策をしていきましょう。

 
【このサイトについて】
「女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド」は、個人が調査・運営しています。
治療・クリニックの最新情報・詳細情報は必ず公式サイトをご確認ください。
また、症状が重い場合は自己判断をせず、必ず医療機関を受診しましょう。