女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド もう悩まない尿漏れ・尿失禁の最新治療

ふとした瞬間に。トイレまで間に合わなくて・・・そんな悩みを持つ女性がいま増えています。トイレのトラブルを解決する方法をこのサイトで見つけてください。

怖くない恥ずかしくない 女性の尿漏れトラブルを治療できるクリニック一覧

骨盤臓器脱による尿漏れ

骨盤臓器脱とは出産や加齢などで、骨盤内の臓器を支える筋肉が落ち、尿漏れが発症する可能性がある病気です。
ここでは症状の特徴や予防法を紹介します。

骨盤臓器脱とは

女性の骨盤の底には、子宮や膀胱、直腸などの臓器を支えている筋肉や靱帯があります。
本来この筋肉が、臓器を落ちないように支えてくれていますが、出産や加齢などによって、筋肉や靭帯が緩んでしまうと、尿や便が漏れてしまうことがあります。
さらに筋肉が緩んで症状が進行すると、骨盤内にある臓器が、膣から体外へ露出してしまう病気が骨盤臓器脱(子宮脱)です。

骨盤臓器脱の症状

骨盤臓器脱の主な症状としては、膣の中に何かが挟まってるような違和感・圧迫感や、入浴時に膣から体外に丸い物が出てるのを確認できるのが特徴です。

【骨盤臓器脱の症状】

  • 尿が出にくい・尿が漏れる・残尿感
  • 便意があるのに便が出ない
  • 下腹部が痛かったり、引っ張られる感じがする

などが上げられます。症状が進行すると、旅行や運動を控えた方が良い場合があります。日常生活が困難になる前に、もし当てはまる症状がありましたら、骨盤臓器脱を疑ってみましょう。

骨盤臓器脱の予防・改善方法

症状が進んだ重度の臓器脱だと、手術しか治療手段は無いのですが、初期の症状だと、インナーマッスルを鍛えることで予防することができます。
妊娠や肥満などが原因で弱まった骨盤底筋を、鍛えるためには外側の筋肉よりもインナーマッスルが効果的なのです。

インナーマッスルストレッチは色々な方法がありますが、まず爪先立ちで立ちます。次に排尿中に尿を止めるようなイメージで、膣から肛門にかけての筋肉をすぼめる動作を繰り返します。
椅子に浅く腰掛け、左右の太ももを強くゆっくり寄せ付けつつ爪先を立てる動作を繰り返すのも効果的です。
骨盤臓器脱の初期症状を感じ始めたら、これらのストレッチを毎日行い2、3ヶ月は続けます。短期間で効果は出ないですが、症状の進行を抑制したり、症状の改善が期待できます。また軽度の腹圧性尿失禁の場合でもこのストレッチは有効です。

しかし自分で解決する前に一度、症状がどの程度進行しているのかを、手遅れになる前にクリニックで確認してもらうのを強くオススメします。

 
【このサイトについて】
「女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド」は、個人が調査・運営しています。
治療・クリニックの最新情報・詳細情報は必ず公式サイトをご確認ください。
また、症状が重い場合は自己判断をせず、必ず医療機関を受診しましょう。