女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド もう悩まない尿漏れ・尿失禁の最新治療

ふとした瞬間に。トイレまで間に合わなくて・・・そんな悩みを持つ女性がいま増えています。トイレのトラブルを解決する方法をこのサイトで見つけてください。

怖くない恥ずかしくない 女性の尿漏れトラブルを治療できるクリニック一覧

腹圧性尿失禁の原因

尿漏れの中でも女性に多く見られる原因のひとつが、お腹に力がかかった時に尿がもれてしまう「腹圧性尿失禁」です。腹圧性尿失禁の原因について、わかっていることを解説します。

腹圧性尿失禁になる原因とは

腹圧性尿失禁の原因

通常お腹に力がかかった場合、骨盤底筋という筋肉が働き尿道を締めて、尿が漏れるのを防ぐ働きをします。

ところがこの骨盤底筋が弱くなってしまうと尿道をとっさに締めることができなくなり、くしゃみや咳などでお腹に圧が加わったときに尿が漏れてしまうというわけです。

骨盤底筋が弱くなってしまう原因には、出産や加齢、肥満、血液中の女性ホルモン濃度の低下などが考えられますが、その中で最も大きなものは出産だと言われています。

妊娠中は胎児の重みによって骨盤底が下に伸びきった状態になります。妊娠中に腹圧による尿漏れを経験した女性は多いと思いますが、通常なら産後1年以内には治ります。

ところが難産などで骨盤底にある筋肉や靭帯への負担が続いたり、傷ついたりすると、時間が経っても症状が治らず、腹圧性尿失禁になってしまうことがあります。

女性は外尿道口や膣口などのように開く構造が多いことや、尿道が短い、前立腺が存在しないといったこともあり、筋肉を引き締める力が男性よりも弱まりやすいのです。

実に出産を経験した人の30~50%、40歳代では15~30%もの女性が腹圧性尿失禁を経験していると言われているので、決して恥ずかしいことではありません。

腹圧性尿失禁の診断方法は?

腹圧性尿失禁かどうかを診断するには、問診や検尿などを行います。

簡単な検査で診断ができないときは、パッドテストや膀胱造影検査など、詳しく検査できる方法を用います。

(1)問診
泌尿器科を受診して、どんな症状が起きているのか、どの程度の支障があるのかを話します。出産歴や婦人科疾患の有無、便秘の有無、手術歴なども確認します。

(2)検尿
尿の成分と性質を分析します。

(3)パッドテスト
パットをつけて、咳(せき)やくしゃみなど腹圧のかかる動作を行い、漏れる尿の量を性格に測ります。

(4)膀胱尿道鏡検査
内視鏡を尿道から膀胱に入れて検査を行います。尿道と膀胱の様子を観察することができます。

(5)膀胱造影検査
造影剤を外尿道口から注入して、レントゲンにて尿道と膀胱の状態を撮影。レントゲン写真で尿道の角度などを見て、症状を確認します。

(6)膀胱内圧測定
尿道からカテーテル(柔らかい管)を挿入し、膀胱に水を入れて排尿します。膀胱が正常に働いているかを検査します。

 
【このサイトについて】
「女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド」は、個人が調査・運営しています。
治療・クリニックの最新情報・詳細情報は必ず公式サイトをご確認ください。
また、症状が重い場合は自己判断をせず、必ず医療機関を受診しましょう。