女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド もう悩まない尿漏れ・尿失禁の最新治療

ふとした瞬間に。トイレまで間に合わなくて・・・そんな悩みを持つ女性がいま増えています。トイレのトラブルを解決する方法をこのサイトで見つけてください。

怖くない恥ずかしくない 女性の尿漏れトラブルを治療できるクリニック一覧

腹圧性尿失禁の改善・対処法

尿漏れを改善するには、どのような手段があるのでしょうか? このページでは、効果があると評判のトレーニング方法など、尿漏れの治療法を紹介していきます。

腹圧性尿失禁の尿漏れ改善治療・トレーニング方法

腹圧性尿失禁の治療には、骨盤底筋を鍛えるトレーニング、薬による治療、手術による治療といった3つの方法があります。

軽い尿漏れの場合は、尿もれ専用のパッドを使ってもいいですが、根本的な改善をするには運動や薬、手術による治療も必要ですので、この機会に覚えておきましょう。

(1)骨盤底筋運動

膀胱と尿道を支える骨盤底筋を鍛えるために、肛門や膣を締めて緩めるという動作を繰り返すトレーニングをします。軽度の腹圧性尿失禁の場合は、主に運動をメインにした治療を行っていきます。

具体的なトレーニング方法は次の通りです。

【椅子に座った姿勢で】

  1. 足を肩幅程度に開き、背筋を伸ばす
  2. お腹に力を入れずに、肛門と膣に力を入れて5秒数える
  3. 力を抜いて20~30秒リラックス

【机にもたれた姿勢で】

  1. 手と足を肩幅程度に開いた状態で、机に両手を置きます
  2. 背筋を伸ばして、肛門と膣に力を入れる
  3. 力を抜いて20~30秒リラックス

【あお向けの姿勢で】

  1. あお向けになり、足を肩幅程度に開きます
  2. 膝を立てて、肛門と膣に力を入れて5秒数える
  3. 力を抜いて20~30秒リラックス

このようなトレーニングを各10セットずつ行いましょう。自分が一番リラックスできる方法を選びながら、毎日コツコツと続けることが大切です。

(2)内服治療

抗コリン薬β受容体刺激薬などを用いて治療を行います。これらの内服薬で膀胱を緩めると、尿が溜まりやすくなり、尿道を締めることで不意の尿漏れを防ぐことができます。

(3)手術療法

トレーニングで改善が見込めない場合は、手術という方法もあります。腹圧性尿失禁による尿漏れや、尿失禁を治療するための手術方法には次のようなものが有効です。

  • 骨盤底再建術(メッシュを用いて尿道を支える手術)
  • 高周波(高周波治療器ビビーブにより、膣の引き締めを行う)
  • レーザー(インティマレーザーなどのレーザーマシンによる治療。膣の引き締めを行う)

尿漏れを治したい方のためのクリニック一覧

 
【このサイトについて】
「女性の尿漏れ・尿失禁メディカルガイド」は、個人が調査・運営しています。
治療・クリニックの最新情報・詳細情報は必ず公式サイトをご確認ください。
また、症状が重い場合は自己判断をせず、必ず医療機関を受診しましょう。